世界で活躍する日本人選手

2020年8月10日、ビジャレアルCFへの期限付き移籍をした久保健英選手。

去年の9月にリーガ・エスパニョーラのバレンシアCF戦で途中出場し、リーグ戦デビューを果たした。ビジャレアルCF戦で、リーガ・エスパニョーラでの初得点を、なんとこの時のゴールがヨーロッパ4大リーグのアジア出身選手最年少得点とだったらしい!

このシーズン、リーガ・エスパニョーラの『ブレイクイレブン』に選出されるなど、久保選手の活躍は日本ではもちろん海外でも注目だ!

フィジックの強さが左右するサッカーで日本人が活躍するのは手も難しい、カズや中田をはじめ、たくさんの人日本のスター選手が海外へ行って活躍しては来たがここまでの快挙は初めてだろう。

元々久保選手がサッカーと始めたのは3歳の時。5年後、FCバルセロナのパンフレットに「MVPに選出された選手はFCバルセロナと試合が出来るチャンスが与えられる」を見て参加したFCバルセロナキャンプで見事MVPを獲得した。

翌年、FCバルセロナスクール選抜としてベルギーで開催されたソデクソ・ヨーロピアン・ルーサスカップに参加すると言うサッカーエリート街道を突っ走っている。

著者は現在スペインにいるがクボの名前はもうすでに有名だ。確かに体は周りよりも小さいかもしれないが、リオネル・メッシとの比較論に触れ、「(メッシを)思い出させるものだ」と海外のコメンテーターも絶賛。

「普段、メッシとの比較を持ち出すのはとてもくどいだろうが、この場合は的を射ている。なぜかと言うと、彼が右サイドからドリブルで切り込んで、左足で大混乱を引き起こすテクニックが、メッシを連想させるのだ」

久保選手のプレースタイルがメッシのプレースタイルと似ていると言うのだ。

現地のスポーツベットで試合中の久保選手が得点を決めると言う枠でもオッズが低い。要するに高評価なのだ。(スポーツベットについて知りたい人はこちら)

スターの卵からもうすでにスター級の格にいる久保選手、これからも怪我だけに気をつけて、頑張って欲しい!この先の久保選手の活躍に注目だ!